MR未経験でも多くの求人があるので挑戦しよう

MR未経験でも転職するには

転職の求人情報を探していると、MRの求人をよく見かけます。特に給料が高い仕事の中に、MRの求人があるようです。外資系製薬会社などからの募集もたくさんあります。MRとは薬の営業だと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、MRは営業職ではありません。どんな仕事か説明しましょう。

MRは正確には「医薬情報担当者」と言います。「Medical Representative」を略してMRと呼んでいます。MRは医薬品を患者さんの症状に合わせて正しく使ってもらうために医師や看護師、薬剤師などに説明する仕事です。病院や医院、診療所を訪問して、医薬品の品質や有効性、副作用や安全性などを説明します。また新薬の研修会や講習会などを開いて薬剤の効果などを知ってもらう仕事もしています。

ただ、説明をするのが自社の薬剤だけなので、営業のように思われてしまうのかも知れません。病院では予算の関係などもあり、ひとつの疾病に対して何種類、何社もの薬剤を置いておくことができません。そのため喘息にはA社とB社の薬剤を置き、胃潰瘍にはB社とC社の薬剤を置くということが決められています。しかしMRから説明を聞いた医師や薬剤師は喘息にはC社の薬剤の方が有効性があると判断した場合は、A社からC社の薬剤に変えることがあるのです。MRは自社の薬剤の良さを伝えて、少しでも多く採用されるようにするのが仕事です。


リクルートエージェント

MRは以前は営業と呼ばれていました。しかし1993年に日本製薬工業協会(製薬協)が自主規制のルールを策定して、医療用医薬品プロモーションコードを作成しました。それ以降は営業と呼ばずにMRを呼ぶようになったのです。つまり売る仕事ではなく、情報を提供する仕事と位置付けされました。MRとして働くのに、「MR認定試験制度」ができました。国家資格ではないのでどうしても必須というわけではありませんが、医療機関の多くがMR認定試験に合格したMRしか出入りを許可していないという事実があります。そのためMRとして働くにはこの認定試験を受ける必要があるのです。

MR認定試験は製薬会社に採用されてから受けることもできますし、それまでに受けることも可能です。まず転職サイトでMRの求人を見てみましょう。

MR未経験でも転職するには

MRという仕事を知ろう

MRは営業ではなく医薬品の情報提供とデータ収集をするのが仕事

MRに求められるもの

MRにはコミュニケーション力や提案力などの能力が必要

MR未経験でも転職は可能か?

MR未経験者でも採用は多く、転職は可能

MRはやりがいのある仕事

MRは医薬に貢献できるやりがいのある仕事